naradaisukikurabu’s blog

奈良が大好きな仲間のブログです。

奈良の百花繚乱

石光寺のロウバイ2020年(1月中旬~2月中旬)

奈良県葛城市、石光寺は花の寺です。寒ボタンを見に行った時も、境内はいくつもの花に包まれていました。ここで紹介するのはロウバイです。そろそれ時期が終わると思いますが。(S)=2020年1月15日撮影

片岡梅林(2月中旬~3月下旬)=写真は2019年

奈良市・奈良公園の浅茅(あさじ)が原の東側に、片岡梅林が広がります。木は約250本。花の色はピンクも多く、あでやかです。(S)=2019年3月25日撮影

東急ドエルエルス高の原の西側の散策路の梅(2月上旬~下旬)

奈良市左京3のマンション「東急ドエルエルス」の西側、歌姫海道沿いに散策路があります。ここの梅の木が20本ほど植えてあり、ほのかな香りを漂わせています。ピンクの花が多く、ほかに白、紅の花があり、白とピンクの花が1つの木さいているものもありま…

石光寺のベニチョウジ(1月下旬~5月下旬)

奈良県葛城市の石光寺に寒ボタンを見に行った際、ベニチョウジの花も写真に収めました。赤い花で、1つ1つは細長いラッパ状。それがぼんぼりのようにまとまって、木のあちこちの枝から下がっています。調べてみると、開花時期は長く、冬でも暖かければ咲く…

石光寺の石仏とサザンカ2020年(~2月初め)

奈良県葛城市の石光寺に参ると、境内の石仏と赤いサザンカが、良い組み合わせでした。(S)=2020年1月15日撮影

石光寺の寒咲きアヤメ2020年(~2月下旬)

奈良県葛城市、石光寺は寒ボタンで知られた寺です。ほかにもさまざまな花が咲く寺で、寒咲きアヤメも見物の1つです。(S)=2020年1月15日撮影

石光寺の寒牡丹2020年(19年12月下旬~20年1月下旬)

奈良県葛城市、石光寺の寒牡丹を見に行きました。ワラの三角帽子の中で、寒さに耐えて咲いています。(S)=2020年1月15日撮影

當麻寺奥院の冬牡丹2020年(19年12月末~20年1月末)

奈良県葛城市、當麻寺奥院(たいまでら・おくのいん)で寒ボタンが咲いています。池と石で構成された浄土庭園に20株あまり。ワラで作った雪よけの三角頭巾の中で、花を開いています。 色はワインレッド、赤、淡いピンクに濃いピンクなどさまざまで、花びら…

奈良市・なら町の保存樹のイチョウ

奈良市・奈良町の民家の間に、市の保存樹のイチョウがあります。表示板によると、幹周り3.2メートル、樹木10メートルです。(S)=2019年12月8日撮影

竜田公園の紅葉2019年(~12月初旬)

奈良県生駒郡斑鳩町、竜田公園の紅葉を見に行きました。竜田川に沿って木が並んでいます。もう遅いかと思ったのでが、ピークは過ぎているものの、天気が良かったこともあり、名残の紅葉を写すことができました。(S)=2019年12月5日撮影

奈良春日野国際フォーラム「甍」の紅葉(~12月初め)

奈良市の奈良公園にある奈良春日野国際フォーラム「甍(いらか)」は、紅葉の穴場です。広い庭に無料で入ることがり、隠れた紅葉の名所になっています。小川が流れ、その周りにモミジの木が多いのですが、人は多くはありません。(S)=2019年11月3…

奈良公園・浮御堂の紅葉2019年(~12月初め)

奈良市の奈良公園にある浮御堂は、池の中にあります。池のほとりのモミジの木は数が限られていますが、浮御堂との組み合わせで写真を撮るには良い場所にあります。(S)=2019年11月30日撮影

石光寺のマンリョウ(12月上旬~1月上旬)

奈良県葛城市染野387、石光寺は寒ボタンが有名ですが、マンリョウも楽しめます。小さな赤い実が、境内のあちこちで見られます。(S)=2019年12月16日撮影

朝護孫子寺の紅葉2019年(11月下旬)

奈良県生駒郡平群町信貴山の朝護孫子寺は山の寺で、境内も広く、モミジの木も数 多くあります。参拝した日は紅葉の時期は紅葉には少し早く、色づき始めでした。11月下旬が見ごろでしょう。(S)=2019年11月8日撮影

新若草山ドライブウェイの紅葉2019年(11月中旬~下旬)

奈良市の東大寺正倉院の北側から新若草山ドライブウェイ(有料)に入り、若草山山頂までを往復しました。大仏殿のビューポイントがあって、この時期は紅葉との組み合わせがいいいからです。山頂への道筋も、紅葉ポイントがいくるかありました。(S)=20…

正暦寺のナンテン(11月下旬~12月下旬)

奈良市菩提山町157、正暦寺は紅葉で有名ですが、ナンテンも数多く、赤い実も境内に彩りを添えます。紅葉狩りの際に、目を向けてみては。 (S)=2018年11月20日撮影

万葉植物園の綿の実(11月上旬)

奈良市の万葉植物園はいろいろな植物を楽しめます。数が多いわけではありませんが、秋には綿が実をつけます。見かける機会が少ないものなので、この時期に訪ねるなら、ぜひご覧を。(S)=201年11月1日撮影

大安寺のイチョウの黄葉(11月下旬~12月上旬)

奈良市大安寺2-18、大安寺の境内にはイチョウの木があり、時期になると地面を黄色に変えます。(S)=2018年12月2 日撮影

天平大菊人形展2019年(10月19日~27日)

奈良市の奈良公園バスターミナルの屋上で「天平大菊人形展~仏教伝来と定着~」が開かれているので、ちょっと訪ねてみました。「大」というのはオーバーかもしれませんが、無料なのと、屋上からの見晴らしがいいので、お薦めです。 阿倍仲麻呂、聖武天皇、光…

日葉酢媛陵北側のキンモクセイ並木2019年(10月中旬~下旬)

奈良市山陵町、佐紀陵山古墳(さきみささぎやまこふん=日葉酢媛陵)の北側は、背の高いキンモクセイの並木になっていて、秋には芳香を漂わせます。今年は花をつけるのが少し遅かったようです。(S)=2019年10月18日撮影

法起寺周辺のコスモス2019年(10月中旬~下旬)

奈良県生駒郡斑鳩町岡本、法起寺周辺のコスモスを見に行きました。休耕田を使ってコスモスを植えています。ピークはまだで、台風19号の影響か、倒れかかっているものもあって、少し残念でした。(S)」=2019年10月18日撮影

法起寺周辺のコスモス(10月上旬~下旬)

奈良県生駒郡斑鳩町岡本、法起寺周辺は秋にあるとコスモス畑が広がります。休耕田にコスモスを植えているからです。寺の三重塔をバックに、カメラを向ける人も多く見られます。2018年にもたまたま通りかかり、写真を撮りましたが、11月下旬だったので…

奈良県営馬見丘陵公園のコスモス2019年(10月中旬)

奈良県営馬見丘陵公園(奈良県北葛城郡河合町)の秋はダリアが見物ですが、コスモスもたくさん植えてあります。大屋根のある広場、バラ園のそばが中心です。色はピンク、白、赤とオーソドックスです。(S)=2019年10月5日撮影

奈良県営馬見丘陵公園のコキアの紅葉2019年(9月末から10月上旬)

奈良県営馬見丘陵公園(奈良県北葛城郡河合町大字佐味田)は、いろいろな植物を楽しむことができる。2019年から、秋はコキアの紅葉が加わった。 コキアがあるのは、レストランのあるゾーン。秋はダリアの花壇が人気を集める。コキアは一角を占めるが、そ…

大和文華館のフヨウ・スイフヨウ(10月上旬~下旬)

奈良市学園南1の大和文華館は、日本や東洋の美術品を集めた美術館です。展覧会を見に行く際は(有料)、広い庭園を散策すると、もう1つの楽しみがあります。いろいろな花を見ることができるからです。 10月はフヨウ・スイフヨウがお薦め。スイフヨウは「…

平城宮跡のキンモクセイ(10月上旬~中旬)

秋の香りの代表はキンモクセイでしょう。奈良市の平城宮跡でも、10月に入ると芳香が漂ってきます。特に遺構展示館の周辺に、木が集まっています。(S)=2018年10月8日撮影

平城宮跡のススキ2019年(9月下旬~11月中旬)

奈良市の平城宮跡の秋の代表はススキです。朱雀門に近い側を中心に群生しています。朱雀門、近鉄電車、若草山などを背景にして写真を撮ることができます。(S)=2019年9年9月25日撮影

平城宮跡のヒガンバナ2019年(9月下旬)

奈良市の平城宮跡は大変広い空地で、いろいろな植物を見ることができます。秋にはヒガンバナも咲きます。宮跡内の南北の道・通路沿いに点々と咲いています。今年は花が遅く、9月25日でまだ盛り前でした。(S)=2019年9月25日撮影

本薬師寺跡のホテイアオイ2019年②(~8月下旬)

橿原市城殿町、本薬師寺跡のホテイアオイを9月2日に見に行きました。暑い日でしたが、写真を撮っている人も数多く見かけました。花の時期としては遅いのかと思いましたが満開で、まだしばらく見ごろが続きそうです。(S)=2019年9月2日撮影

帯解寺のフヨウ(9月上旬~9月下旬)

帯解寺(奈良市今市町734)は奈良では、お産の時に腹帯をもらう寺として知られています。フヨウが植えてあるのは、本堂の横手から裏側にかけ。数は10本ほどなので、多いわけではありません。。 寺務所では腹帯を授けています。人の胴体だけのマネキンに…