naradaisukikurabu’s blog

奈良が大好きな仲間のブログです。

おいしい奈良

葛入り求肥餅・春の風

ご近所さんが奈良県吉野町吉野山に行き、土産として葛(くず)入り求肥(ぎゅうひもち)を届けてくれました。中井春風堂の商品でした。 餅粉を使った求肥なので、餅より軟らかいのです。しかも吉野葛を加えているので、食感がなめらかでした。中はこしあん。…

奈良みどりもめん

豆風花(とうふうか=奈良県生駒郡斑鳩町龍田西1-1479)は変わった豆腐屋さんです。看板が目に入り、名前から豆腐屋さんと推定して店をのぞくと、玄関先はビオラを中心にしたたくさんの花の苗が並んでいました。 花の中にいた女性に「豆腐屋さんではな…

とくとく葱

最近はネギの種類が増えているように思います。奈良の地元野菜などを売っている奈良市の「旬の駅ならやま」で売っていた「とくとく葱(ねぎ)」もその1つでしょう。包装にビニールには、JAならの文字がありました。 太い白ネギで、緑の葉の部分は幅が広く…

酒屋のあま酒

甘酒ブームなので、また奈良の甘酒を飲んでみました。今回は喜多酒造(橿原市御坊町8)の「酒屋のあま酒」です。この酒蔵は日本酒「御代菊」を造っています。 米と米麹(こうじ)だけの甘酒です。麹の粒々が目立ち、瓶の7割ほどを占めていました。もちろん…

やまと五條ねぎ

京都の九条ネギは有名ですが、こちらは奈良県の「やまと五條ネギ」です。五條市青ネギ生産組合の商品です。 やや太めの青ネギです。それだけにしっかりした食感があります。味は癖がなく、マイルドです。レベルに「大和情熱野菜」と書いてありました。奈良市…

太みず菜

奈良市奈良阪町にある地元産品などを売る施設、旬の駅「ならやま」で、奈良の野菜を買い求めます。写真は太みず菜。 包装の袋には、あまり出回らないと書いてありました。名前の通り、茎が太く、葉も大きいのですが、煮ると柔らかく、癖がありません。袋には…

酒蔵のあま酒

甘酒がブームのようです。奈良市・近鉄大和西大寺駅近くの近鉄奈良店の地下に、奈良の地酒を売っているコーナーがあります。そこでも2種類の甘酒を売っていました。 そのうちの1つを買ってみました。「酒蔵のあま酒」で、上田酒造(奈良県生駒市壱分町86…

イオンの中の府県境

奈良市の近鉄京都線髙の原駅のすぐそばに、イオンモール髙の原店があります。広い商業施設で、その中に京都と奈良の府県境があります。 2階には府県境を示すラインが引いてあります。ライン上はケースが設けてあり、奈良側には仏像など、京都側には祇園祭の…

十津川なめこ

奈良市・西大寺の近鉄百貨店奈良店の地下に、奈良野菜を売っているコーナーがあります。そこで買ったのが、「十津川ひらきなめこ」でした。なめこを1つずつばらしたものです。 上湯川きのこ生産組合(奈良県吉野郡十津川町上湯川401-1)のものでした。…

神鹿物語

奈良市・平城宮跡の朱雀門ひろばに、奈良の特産品の店を売っている店があって、楽しスペースです。食べ物が多く、古くからの名物もありますが、新しくものも目立ちます。 神鹿物語という最中を買って食べてみまし。鹿の形をしていて、皮は白く、サクサク。中…

三諸杉

友人が遊びに来るというので、奈良の酒を用意しました。桜井市、今西酒造(桜井市三輪510)の三諸杉(みむろすぎ)でした。 桜井市には大神(おおみわ)神社があり、酒や杜氏をまつっていいます。箱の説明によると、今西酒造は創業350年あまりで、大神…

大和茶ソフト

奈良市の平城宮跡に2018年春、「朱雀門ひろば」という施設がオープンしました。宮跡の発掘成果や平城京に関する展示が中心で、いくつもの棟に分かれています。飲食店もあって、その中の1つ、イラカ・コーヒーで大和茶ソフトを食べました。 奈良県は京都…

片上醤油の天然醸造醤油

新しく使い始めたしょうゆは、手書きのような文字で「天然醸造醤油(しょうゆ)」とラベルに書いてあります。製造は奈良県御所市の片上醤油で、販売は京都府宇治市のユーサイドと記してありました。 原料は大豆、小麦、塩。濃い口しょうゆなのですが、まろや…

吉野ハムのソーセージ

奈良県・吉野は好印象のある地名で、吉野ハムという名前にひかれてソーセージを買ってみました。3本で918円なので、少し高いのだが。 販売は奈良市のHASHIDAという会社ですが、吉野事務所(吉野郡吉野町大字河原屋)の名前が包装の袋に記してあり…

蓬莱の奈良近鉄セット

「551の蓬莱」は、豚まんの人気店です。近鉄奈良線・大和西大寺そばの近鉄奈良店にも、出店があります。 ここでお薦めは奈良近鉄セット。豚まん4個、シュウマイ6個、ギョウザ10個の組み合わせで1360円。3人または4人で食べるのに適しています。…

西吉野の江戸柿

奈良県五條市西吉野は柿の産地です。写真は友人が作った干し柿ですが、西吉野の江戸柿を使ったそうです。正式名は「甲州百目」。果実は長形で、 干し柿にもテキしているようです。 びっくりするような大きさなので、ミカンの写真を添えてあります。美しい色…

UHA味覚糖×イコマ製菓本舗レインボーラムネ・ミニ

自宅前のイオン(奈良市・髙の原)の食料品売り場に行って驚きました。奈良県人がこよなく愛する「レインボーラムネ」が、山積みになって置いてあったのです。 レインボーラムネは生駒市のイコマ製菓本舗の人気商品で、生駒市へのふるさと納税の返礼品にもな…

一福だんご

和風のお菓子の1つに、きな粉をまぶした団子があり、昔から人気があります。奈良県でも橿原市、だんご庄のきなこだんごもそうですが、今回は一福堂(奈良県北葛城郡王寺町本町2-20-18)の「一福だんご」を食べてみました。 1つの串に、小さめの団子…

天平みつき館スーベニアショップ

奈良市・平城宮跡に、「朱雀門ひろば」という平城宮を紹介する施設が2018年の春にできました。その中の「天平みつき館」に、奈良名物を集めたスーベニアショップがあります。 食べ物をたくさん集めているので、見るだけでも楽しめます。どちらかといえば…

「拓」のきき酒

奈良市・もちいいどの商店街の地酒・和食ダイニング「拓」(奈良市橋本町32-1)は、日本酒好きにはうれしい店です。 冷蔵ケースに1升瓶などの日本酒が入っています。その瓶を自分の席に持って行き、テーブルに用意してある杯を選んで注ぎ、飲みます。1…

吉野の味・田舎こんにゃく

スーパーやデパートで、奈良の食べ物をよく買います。奈良県下市町、オーカワの「吉野の味・田舎こんにゃく」もその1つです。 普通の平べったいコンニャクの2倍ほどの厚みで、シコシコと歯ごたえがあります。茶色い粒々が見え、それはイモの薄皮を砕いたも…

はなゆかり・杵つきよもぎ餅

奈良県・吉野をPRする催しで、東吉野村鷺家、株式会社「はなゆかり」の杵つきよもぎ餅を買いました。 まちおこしの会社なのでしょう、原材料が詳しく書いてありました。もち米は奈良県宇陀市産、ヨモギは東吉野村産、黒豆は宇陀市産、あんと塩は国産。食べて…

マコモダケ

旬の駅「ならやま」(奈良市奈良阪町2626 )を時々のぞいてみます。自宅からミニバイクで簡単に行け、地元の農産物を売っているからです。 奈良県産「まこもたけ」が目についたことがあります。三重県菰野町でまこも酒を飲み、マコモダケの入った麵(め…

植村牧場の牛乳

奈良市の般若寺でコスモスを見ることがあれば、寺のすぐ前の植村牧場(奈良市般若寺町168)に寄ってみてはどうでしょう。小規模ながら、直売所があります。 牛乳でのどを潤すのがお薦め。アイスクリーム類も揃っています。(S)=2014年10月15日…

吉野の味・田舎こんにゃく

「吉野の味・田舎こんにゃく」は、普通の平べったいコンニャクの2倍ほどの厚みがあります。株式会社オーカワ(奈良県吉野郡下市町栃本1-1)の商品ですが、奈良市・西大寺の近鉄百貨店奈良店で買いました。 シコシコと歯ごたえのあるコンニャクです。茶色…

ボーノのパン・ド・カンパーニュ

デパートの出店で、ボーノ(奈良県桜井市上之庄716)のパン・ド・カンパーニュ(写真左)を見つけて買ったことがあります。ハード系のパンで、もともとは厚い円盤状。1つは食べ切れないので、4分の1に切ったものを求めました。300円ほどだった思い…

サラダ茄子

最近は生のまま食べられるサラダ野菜が出回っています。今回はサラダ茄子(なす)。地元の野菜を売っている奈良市の「旬の店ならやま」で買いました。 売り場にも「生のままサラダでも良い」と書いてありました。薄く切って、そのまま食べてみました。皮は少…

おいしい田舎米ひのひかり

お米はなるべく、地元産を食べることにしています。今回は「おいしい田舎米ひのひかり」。生産地は奈良市大和田町と書いてありました。 食べてみると、こしひかりのようなもっちり系で、しっかりしたかみ応えがありました。香りよりも味が目立つ米です。(S…

みしまやの「ひつまぶしセット」

ウナギ屋「みしまや」(奈良県天理市三島町120)に行ったのは、午後2時半ごろでした。そんな時間でも6組の客が列を作っていたのです。人気のほどがわかります。 ひつまぶしセット2700円。おひつのご飯の上に蒲焼きのウナギがぎっしりと乗っています…

笠ソバ

笠荒神(奈良県桜井市笠)は、日本三大荒神の1つとされます。随分と山に入っていき、近くにはソバ畑が広がっています。 まちおこしで始まったソバで、「笠そば処」は最近、人気を集めています。9月中旬になるとソバが花をつけ、秋が深まってくると新そばが…