naradaisukikurabu’s blog

奈良が大好きな仲間のブログです。

ナガレ山古墳

奈良県立馬見丘陵公園(奈良県北葛城郡河合町佐味田)は、四季の花を楽しめます。と同時に、馬見古墳群の一部を公園内に抱え、展示館も設けています。 古墳群は広い範囲に点在し、北群、中央群、南群に分類されます。公園内にあるのは、中央群の一部です。そ…

大台ヶ原

大台ヶ原(奈良県吉野郡上北山村)は吉野熊野国立公園の一角で、三重県にもまたがります。20年近く前の4月の終わりに、自転車で登ったことがあります。半分は自転車を押していましたが。 国道169号から大台ケ原に曲がる所に車を止めて、自転車を組み立…

衣風窯だより(3)

今日(9月22日)は、先日の素焼きに釉薬を掛け「本焼き」です。1240度で・・。次に窯を開けるのは、9月27日です。(K)=2018年9月22日撮影

マコモダケ

旬の駅「ならやま」(奈良市奈良阪町2626 )を時々のぞいてみます。自宅からミニバイクで簡単に行け、地元の農産物を売っているからです。 奈良県産「まこもたけ」が目についたことがあります。三重県菰野町でまこも酒を飲み、マコモダケの入った麵(め…

往馬大社

往馬大社(いこまたいしゃ、生駒市壱分町1527−1)は、近鉄一分駅から歩いて15分ほどの場所にあります。正式には、往馬坐伊古麻都比古(いこまにいますいこまつひこ)神社といい。生駒神社とも呼ばれます。 敷地はツブラジイが中心の鎮守の森です。石…

刺繍(1)

8月はお休みだった刺繍教室ですが、また始まりました。100cmx135cmの布に刺しています。制作過程を紹介し、来年の作品展までお連れします。(K)=2018年9月20日撮影

平城宮跡のススキ(9月下旬~11月中旬)

奈良市の平城宮跡は秋になると、ススキの名所となります。広大空間のいたる所に、ススキが群生しています。 夕陽に逆光で眺めると、キラキラと輝きます。風に吹かれると、広大な範囲で揺れます。写真は朱雀門に近い場所で撮りました。(S)=2017年10…

植村牧場の牛乳

奈良市の般若寺でコスモスを見ることがあれば、寺のすぐ前の植村牧場(奈良市般若寺町168)に寄ってみてはどうでしょう。小規模ながら、直売所があります。 牛乳でのどを潤すのがお薦め。アイスクリーム類も揃っています。(S)=2014年10月15日…

般若寺のコスモス(9月下旬~10月中旬)

コスモスの寺として知られる般若寺(奈良市般若寺221)は、東大寺の大仏殿から歩いて20分ほどの場所にあります。さびれていた寺を復興させるために、コスモスを植えたたと、15年ほど前に訪ねた時、住職が話していました。 色を落とした本堂を背景に、…

霊山寺の秋バラ(10月中旬~11月中旬)

霊山寺(りょうせんじ、奈良市中町3879)は、バラの寺として知られています。境内にバラ園(有料)があって、春は花が咲き誇ります。春ほどではありませんが、秋バラも楽しめます。 バラ園を訪れると、3つに区分されていました。子どもの世界は、色とり…

PEACE CARD2018関西奈良(10月3日~8日)

平和をテーマにして、関西のイラストレーターらがポストカードや作品を展示する「PEACE CARD2018関西奈良」が10月3日~8日、奈良市橋本町31、器まつもり2階、ギャラリーまつもり(近鉄奈良駅東口から徒歩4分、もちいどのセンター街に入ってすぐ…

河合町役場の門のライオンのレリーフ

奈良県北葛城郡河合町役場の門には、ライオンのレリーフがあります。 門のそばにある説明板によると、役場があるのは大和鉄道(現近鉄田原本線)を建設した実業家、森本千吉の邸宅と日本庭園「豆山荘」の跡です。いったん第三者の所有になった後、昭和23年…

弘法大師の石清水

空海(弘法大師)には水にちなむ伝説がたくさんあります。奈良県宇陀市榛原檜牧の「弘法大師の石清水」もそうです。 曽爾高原のススキを見に行った帰り、国道わきにあるのを見つけて寄ってみました。湧き水の自動販売機といったものです。100円で一定量を…

室生寺

室生寺(奈良県宇陀市室生78)は人気のある寺です。とは言っても、私が最後に訪れたのは2000年のことで、再々参拝してるわけではありません。 便利な場所にあるわけではありません。しかし、その分だけ静かで、それも寺の魅力になっています。「女人高…

吉野の味・田舎こんにゃく

「吉野の味・田舎こんにゃく」は、普通の平べったいコンニャクの2倍ほどの厚みがあります。株式会社オーカワ(奈良県吉野郡下市町栃本1-1)の商品ですが、奈良市・西大寺の近鉄百貨店奈良店で買いました。 シコシコと歯ごたえのあるコンニャクです。茶色…

金剛寺の小菊(10月下旬~11月上旬)

ボタンで知られる金剛寺(奈良県五條市野原西3)は、秋になると小菊で飾られます。11月3日に、菊会式(きくえしき)と呼ばれる法要があり、小菊まつりを繰り広げるからです。 訪ねた時は、カヤぶきの庫裏の部屋に緋毛氈(ひもうせん)が敷かれていました…

依風窯だより(3)

猛暑の8月は、お休みしていた依風窯。9月になって、朝夕少し涼しくなり、楽しい土遊びを再開しています。(K)=2018年9月12日撮影

曽爾高原のススキ(9月下旬~11月上旬)

曽爾高原(奈良県宇陀郡曽爾村大字太郎路)は秋、広大なススキの原になります。二方を山に囲まれた盆地のような地形。山には木がありません。この形が面白いススキの光景を作ります。 ススキの中を、道が縫っています。楽しめる期間は長いのですが、白い波と…

歌姫街道の地蔵

奈良市の平城宮跡から北に歌姫街道を進むと、狭い道幅が急に膨らみます。道路の中央に小さな地蔵堂があり、道は北行きと南行きの分かれ、ロータリーになっているからです。 堂の中には石のレリーフの仏像が2つ。さらに球形の石が1つ。これらを残すために、…

不動寺のホトトギス(10月中旬~下旬)

不動寺(御所市櫛羅=くじら=987)は葛城山の中腹に位置し、山に登るロープウェイの駅のすぐそばにあります。見晴らしがよく、眼下には大和盆地が広がります。 境内にはホトトギスが咲きます。紫色の斑点があり、好き嫌いを分ける花かもしれません。数が…

衣風窯だより(2)

依風窯の陶芸は、猛暑の8月はお休みしました。ちょっとしのぎやすくなった9月8日、始めました「楽しい土遊び」。 以前作った作品の素焼きが、焼きあがりました。さて、どんな色合いに、しようかなぁ 。(K)=2018年9月8日撮影

今井町の街並み

奈良県橿原市今井町は、江戸時代の環濠集落です。伝統的建造物群保存地区に指定されていて。古い街並みが魅力です。前にも写真を掲載しましたが、別の機会に撮ったものをまた集めてみました、(S)=2016年11月17日撮影

ボーノのパン・ド・カンパーニュ

デパートの出店で、ボーノ(奈良県桜井市上之庄716)のパン・ド・カンパーニュ(写真左)を見つけて買ったことがあります。ハード系のパンで、もともとは厚い円盤状。1つは食べ切れないので、4分の1に切ったものを求めました。300円ほどだった思い…

蓮長寺のキンモクセイ(10月上旬~中旬)

蓮長寺(奈良市油阪町426)は10月になると、強い香りに包まれます。本堂の前の左右に、大きなキンモクセイの木が2本。高さは6、7メートルあり、こんもりとした形に刈ってあります。秋の香りはそこから漂ってきます。 「昭和6(1931)年に花が咲…

サラダ茄子

最近は生のまま食べられるサラダ野菜が出回っています。今回はサラダ茄子(なす)。地元の野菜を売っている奈良市の「旬の店ならやま」で買いました。 売り場にも「生のままサラダでも良い」と書いてありました。薄く切って、そのまま食べてみました。皮は少…

高取町・土佐街道の街並み

奈良県高市郡高取町は、高取城の城下町として栄えました。売薬でも知られる町です。メーンストリートは土佐街道と呼ばれます。 高取城は山城だったため、藩主らが土佐街道に屋敷を構えたため、古い街並みが残っています。春の雛祭り、秋のかかし祭りで賑わい…

おいしい田舎米ひのひかり

お米はなるべく、地元産を食べることにしています。今回は「おいしい田舎米ひのひかり」。生産地は奈良市大和田町と書いてありました。 食べてみると、こしひかりのようなもっちり系で、しっかりしたかみ応えがありました。香りよりも味が目立つ米です。(S…

みしまやの「ひつまぶしセット」

ウナギ屋「みしまや」(奈良県天理市三島町120)に行ったのは、午後2時半ごろでした。そんな時間でも6組の客が列を作っていたのです。人気のほどがわかります。 ひつまぶしセット2700円。おひつのご飯の上に蒲焼きのウナギがぎっしりと乗っています…

衣風窯だより(1)

グループでしている衣風窯(いふうがま)を紹介します。不定期になりますが、作る過程や作品、失敗談やハプニングを投稿します。 写真の2枚目は、作業場と先日の作品です。完全に乾かしてから素焼きにします。(K)=2018年8月31日撮影

佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)と佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)の間の道

佐紀石塚山古墳(成務天皇陵、奈良市山陵町字御陵前)と佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)は、細い道をはさんで平行に造られた前方後円墳です。 間の道は松並木になっていて、落ち着いた景色を作りだしています。両古墳とも濠を持ち、これも風情を演出しています。…