naradaisukikurabu’s blog

奈良が大好きな仲間のブログです。

京終駅

奈良市のJR京終(きょうばて)駅は修復されて、レトロ感のある魅力的な駅舎になています。構内にはピアノが置かれいています。行った時は演奏していませんでしたが。(S)=2019年8月24日

岡田天ぷらの貝柱コロッケとキノココロッケ

奈良県橿原市、近鉄百貨店橿原店の食料品売り場で、岡田天ぷらの貝柱コロッケとキノココロッケを買ってみました。貝柱の方はクリームコロッケで、切った貝柱がたくさん入っています。薄味なので、貝柱の味と食感がよくわかりました。キノコの方はジャガイモ…

試食はいかが(41)揚げの梅はさみ焼き

揚げに切れ目を入れて袋状にし、中に梅肉を塗ります。オーブンで両面を焼き、食べやすいように切って皿に盛り付けます。しょうゆをたらし、カツオ節をかければできあがり。(S)=2018年8月26日撮影

不空院

奈良市高畑町の新薬師寺の近くに、不空院があります。小さな寺ですが、奈良時代に中国からやって来た僧・鑑真が住んだという記録もある寺です。(S)=2019年7月22日撮影

率川神社

奈良市本子守町18、率川(いさかわ)神社は、大神(おおみわ)神社の摂社で、正式名称は率川坐大神御子神社です。祭神の媛蹈韛五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)で、初代神武天皇(じんむてんのう)の皇后とされています。皇后を主祭神とした神…

拓のおまかせにぎり5貫と刺し身盛り合わせ

友人と奈良で日本酒を飲む時、しばしば行く店があります。近鉄奈良駅から5分ほど商店街を南に歩き、もちいどのセンター街にある「拓」です。き、テーブルの上にたくさん用意してある杯についで飲みます。酒代は杯の数で計算する方式で、杯1つ100円。た…

おじいちゃんの愛情米

米はなるべく地元のものを口にするようにしていて、今回は奈良県天理市、モンポタジェファームの「おじいちゃんの愛情米」を食べてみることにしました。 品種はヒノヒカリ。米の入った袋には、トラクター(?)に乗った男性の写真をあしらったラベルが張って…

あやめ池

奈良市に以前、あやめ池遊園地がありました。いまは住宅地などになっていますが、あやめ池は残っています。池を渡る橋がかけられているのが特徴です。(S)=2019年8月31日撮影

昔ながらの平飼いたまご

奈良県宇陀市、陽光ファーム21の「昔ながらの平飼いたまご」は10個で444円だったので、かなり高い方だと思います。紙のケースに入っていました。 卵の黄身は色はレモンイエロー、黄身の周りの白身は少し盛り上がっています。ケースには「黄身は自然の…

いぬい池

奈良はため池が多い土地です。奈良市秋篠町にいは、いぬい池があります。住宅街にあり、秋篠寺に行く途中に横を通ったので眺めてみると、水をたくさんたたえていました。(S)=2019年8月31日撮影

神像石

奈良市高畑復井町、南都鏡神社の摂社「比賣神社(ひめかみしゃ)」が、すぐ隣の新薬師寺の向かって右手にあります。そこに4つの石「神像(かむかた)石」が並び、その説明板が設置してあります。読んでみると、日本初の漢詩集「懐風草」を編集した淡海三船…

本薬師寺跡のホテイアオイ2019年②(~8月下旬)

橿原市城殿町、本薬師寺跡のホテイアオイを9月2日に見に行きました。暑い日でしたが、写真を撮っている人も数多く見かけました。花の時期としては遅いのかと思いましたが満開で、まだしばらく見ごろが続きそうです。(S)=2019年9月2日撮影

帯解寺のフヨウ(9月上旬~9月下旬)

帯解寺(奈良市今市町734)は奈良では、お産の時に腹帯をもらう寺として知られています。フヨウが植えてあるのは、本堂の横手から裏側にかけ。数は10本ほどなので、多いわけではありません。。 寺務所では腹帯を授けています。人の胴体だけのマネキンに…

南都鏡神社

奈良市高畑町、新薬師寺の隣に、南都鏡神社があります。大同元(806)年に寺の鎮守として勧請されたと伝えられています境内は狭いのですが、イチイやオガタマノキといった大きな木もあります。(S)=2019年7月22日 撮影。

大和五神・神秘薫

奈良市の近鉄百貨店奈良店の奈良の地元商品のコーナーで、五條市の五條酒造が出張販売していました。3種類を少しずつ試飲させてもい、そのうちの1つ、大和五神・神秘薫(しんぴのかおり)が気に入り、買ってみました。 香りが高く、味がとても華やかな酒。…

押し花(8)名残のサルスベリ

真夏にサルスベリの花を見ると、暑さが一層増します。夏の終わり見ると、深紅さえも穏やかに燃え、それに淡い紫、白が加わって、まるで夏も思い出を散りばめた宝石箱のようです。(S)=2019年8月29日撮影

近鉄南大阪線のはにわ

大阪市・阿部野橋と奈良県・吉野を結ぶ近鉄南大阪線に乗ると、電車にはにわが乗っていました。百舌・古市古墳群が世界遺産になり、南大阪線が古市を通っているからでしょうか。(T)=2019年8月29日撮影

新薬師寺

奈良市の新薬師寺(高畑町1352)は、十二神将が有名で、特に婆娑羅(ばさら)が人気です。奈良市の中心部から少し離れ、静かなお寺です。(S)=2019年7月22日撮影

北山十八間戸

北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ=奈良市川上町454)は、鎌倉時代に設けられたハンセン病などの患者のための福祉施設です。最初のものは消失し、その後の寛文年間(1661~72年)に現在地に移り、元禄6(1693)年に修復されました。長…

近鉄髙の原駅沿線の高砂ユリ(8月下旬~9月上旬)

近鉄京都線髙の原駅(奈良市朱雀3)の南側は、高砂ユリが線路の横を飾ります。浄願寺橋という高架橋のあたりですが、その近くの平城第二公園に向かう道にも、たくさん咲いています。(S)=2019年8月24日撮影

もちもち食パン

奈良県生駒市、パン工房ほっこり屋の「もちもち食パン」を食べてみました。詰まった感じのパン。名前の通り、もっちとしていて、皮の部分はしっかりしています。原材料欄を見ると、塩、砂糖、ハチミツ、ヨーグルト、牛乳と、いろいろなものを使っていました…

古代瓦

奈良のお菓子には、奈良の歴史を取り入れたものが結構あります。奈良市押上町、千寿庵吉宗の古代瓦もその1つ。古代の丸瓦の形をしていて、表面は丸瓦に描いてあるようなデザインをあしらい、紫がかった薄茶色の甘いあんを、皮で包んであります。(S)=2…

夕日地蔵

奈良市の東大寺から般若寺に向かう途中に、夕日地蔵(奈良市川上町16)があります。高さ約2メートルのレリーフ型の大きな石仏で、室町時代後期に、興福寺の僧・浄胤が造立したそうです。(S)=2019年7月22日撮影

慈眼寺

奈良市北小路町7、慈眼寺は厄除けの寺として知られています。奈良時代に聖武天皇の勅願によって観音堂が創建されたのが始まりとされ、本尊の十一面観音は「やくよけ観音」と呼ばれています。(S)=2019年8月24日撮影

試食はいかが(39)ゴーヤのアンチョビ味天ぷら

ゴーヤは縦半分に切り、わたを取って、半円形に切り、軽く小麦粉をまぶします。小麦粉に少しコーンスターチを加え、アンチョビソースもたらして、水を加えて天ぷらの衣を作ります。ゴーヤに衣をつけて、油で揚げればできあがり。(S)=2019年8月23…

元興寺のハギ(9月中旬~下旬)

奈良市・なら町の元興寺の秋の花はハギです。本堂の前を中心に、淡いピックと白の小花に覆われます。(S)=2017年9月28日撮影

試食はいかが(40)アスパラとソーセージの玉子焼き

細いアスパラを塩ゆでします。ソーセージは細長い形に、マッシュルームは薄く切って、オリーブオイルで炒めます。味付けはクレイジーソルト(塩とコショウでも良い)。卵2個を溶きます。卵焼き用のフライパンに油をひいて弱火で温め、卵を流し込み、アスパ…

本薬師寺跡のホテイアオイ2019年(8月上旬~9月上旬)

橿原市城殿町、本薬師寺跡のホテイアオイは満開です。暑い夏に一面の薄い青紫色は涼しげに見えます。運がよければ、ヒガンバナの時期まで咲き、青紫と赤の競演になります。(M)=2019年8月20日撮影

押し花(9)コスモスのリース

押し花のリースです。コスモス、ヒメジョオン、野菊などを使いました。昨年作って、写真に残しておきました。(S)=2018年9月30日撮影

長弓寺

奈良県生駒市上町の長弓寺(ちょうきゅうじ)の広い境内を持ち、石段を登った所にある本堂は、国宝に指定されています。弘安2(1279)年の銘が棟礼に残されていて、鎌倉時代の寺院建築を代表する建物として貴重ですが、美しい建物でもあrます。(S)…