naradaisukikurabu’s blog

奈良が大好きな仲間のブログです。

試食はいかが(20) レンコンと竹輪の揚げ物の照り焼き

f:id:naradaisukikurabu:20190324103135j:plain

 レンコンと竹輪は短冊形に切ります。カタクリ粉をまぶして油で揚げ、しょうゆ、白だし、みりん、酒を混ぜたものに漬けます。軽く油をひいたフライパンで、それを炒めればできあがり。(S)=2019年3月12日撮影

奈良国際フォーラム「甍」の庭園の九重桜(4月上旬)

 奈良市奈良公園の中にある奈良国際フォーラム「甍(いらか)」の庭園は、広くてノンビリと時間を過ごせる場所です。建物から庭に出て、左前方の少し小高くなた場所に、九重桜が固まっています。

 木は高く、淡いピンクの花をつけます。訪ねた時は満開から散り初めの状態で、見上げるとすべて花という状態でした。(S)=2018年4月5日撮影

f:id:naradaisukikurabu:20190314105109j:plain

f:id:naradaisukikurabu:20190314105139j:plain

吉野水分神社の枝垂れ桜(4月上旬~中旬)

 友人を奈良県・吉野の桜に案内したことがあり、途中で吉野水分(みくまり)神社(奈良県吉野郡吉野町吉野山1612)に寄りました。

 本殿は三社を1棟にした華麗な桃山時代の建物です。狭い庭で、枝垂(しだ)

f:id:naradaisukikurabu:20190323095023j:plain

f:id:naradaisukikurabu:20190323095046j:plain

f:id:naradaisukikurabu:20190323095105j:plain

れ桜が満開でした。小さめの優しいピンクの花が、本殿のこけの緑やひわだの色と対照的な華やかさを見せていました。(S)=1999年4月11日撮影

浮御堂の桜(4月上旬)

 奈良市奈良公園は広くて、桜を楽しめる場所もたくさんあります。浮御堂もその1つです。池のほとりに桜が並び、堂の背景に桜が入ると、春ののどけさを感じます。(S)=2018年4月5日撮影

f:id:naradaisukikurabu:20190322093028j:plain

f:id:naradaisukikurabu:20190322093051j:plain

古都華のいちごサンド

 奈良県田原本町の道の駅「レスティ唐古・鍵」は、地元のフルーツを使った商品がいくつもあります。パン屋のスペースの「カラコ・カフェ」で、地元のイチゴ「古都華」を使ったサンドイッチを買ってみました。270円なので、リーゾナブルな値段だと思います。
 古都華は濃厚な甘さを誇ります。それを半分に切り、生クリームと一緒に食パンに挟んでいるのでs。生クリームは量が多く、甘いけれども、しつこくはありません。パンはシットリ系でした。(S)=2019年3月9日撮影

f:id:naradaisukikurabu:20190321194852j:plain

奈良県営馬見丘陵公園のナラノヤエザクラ(4月中旬~下旬)

 平安時代の女流歌人伊勢大輔の歌に「いにしヘの 奈良のみやこの 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」があります。そのナラノヤエザクラは奈良公園などで見られますが、奈良県営馬見丘陵公園(奈良県北葛城郡河合町佐味田2202)にも1本あります。

 やや小ぶりの八重桜で、つぼみの時は淡いピンクですが、咲くと真っ白になります。中央入口に近い場所ですが、たった1本なので、公園館の人に聞いた方がいいでしょう。(S)=2015年4月22日撮影

f:id:naradaisukikurabu:20190321092508j:plain

又兵衛桜(4月上旬~中旬)

 奈良県宇陀市大宇陀本郷の又兵衛桜は、奈良では1、2を争う人気の桜です。枝垂れ桜で、獣類は300年とも言われます。単独でも魅力がありますが、バックにピンクの鮮やかな桃の花があり、それとの組み合わせが好きな人もいます。(S)=2005年4月14日撮影

f:id:naradaisukikurabu:20190321090652j:plain

f:id:naradaisukikurabu:20190321090733j:plain